Human Frontier Science Program研究プロジェクトが開始しました!日米独の国際共同研究が平成30年度まで続きます。

Human Frontier Science Program研究プロジェクトが開始しました!
日米独の国際共同研究が平成30年度まで続きます。

プロジェクトのタイトルは
Towards self-reproduction of protocells and minimal cells: evolution versus engineering

プロトセルとミニマム細胞の自己複製:進化 vs 工学

自己複製する最小の人工細胞を合成生物学・進化工学・物理学・有機化学を動員して達成しようとする野心的なプロジェクトです。Vincent Noireaux准教授は前多の昔からの共同研究者で、今後も彼と共同研究ができることを非常にうれしく&楽しみです。Albrecht Ott教授は去年の中国で行われた会議で初めてお会いした方ですが、ヒドラの形態形成と臨界現象について興味深い研究を行われた方として記憶していました。いまはOrigin of lifeにかかわる研究を化学的な視点からされておられるようで、今後あらたなコラボレーションが生まれることが期待できそうです。


この研究グラントを活用して、前多研はマイクロ流体デバイスと合成生物学の研究を推進していきます。

(前多)

更新日:2015年09月01日