仏国ジャックモノー研究所の谷本博士のセミナーが開催!

仏国ジャックモノー研究所の谷本博士のセミナーが開催!


タイトル:A positioning problem in the cell

講演者:Dr. Hirokazu Tanimoto (Jacques Monod Institute)

要旨:Organization of cell interior relies on translations of cellular spatial information into physical movements of cytoskeleton and organelles. Using microtubule aster centration in developing Sea Urchin embryos as a model, we will discuss how intracellular structures sense cell shape to define their own positioning.

This study is a collaboration with Dr. Nicolas Minc (Jacques Monod Institue, Paris) and Dr. Akatsuki Kimura (National Institute of Genetics, Mishima).


谷本さんは東大物理の佐野研で学位を取得された後、フランスで生物物理学の研究を進められており、今回は未発表の成果に関するセミナーを行っていただきました。夜は大濠公園で新鮮な魚介を食べて、フランスでの様子などを教えてもらいました。

(前多)

更新日:2015年10月02日