前多准教授がNIG International Symposium 2016で招待講演!

前多准教授が国立遺伝学研究所の国際シンポジウム「NIG International Symposium - Tokyo Symposium: Force, Information and Dynamics: X factors shaping living systems」で招待講演を行いました!

講演題目「A physicist's approach to the origin of life: Non-equilibrium entropic force」



東京大学でのシンポジウムの後、三島の国立遺伝学研究所にうつってサテライトシンポジウムのチェアなども務めました。米国とフランスからの招待講演者の方と一緒に温泉に入ったり、、、。ここ数年のアカデミックな会議の中でもっともホスピタリティーと組織性があり、素晴らしい会議に参加させてもらえました。主催者である遺伝研の木村暁教授、定量生物学の会の中心メンバーの方々に御礼を申し上げます。

帰り道では富士山がとてもきれいにみえました。

更新日:2016年01月10日