Zianeさんが米国で共同実験(3月)&学会発表(8月)!

博士研究員のZianeさんが3月に米国ミネソタ大学に滞在し、共同実験を行いました!

Zianeさんは12月から前多研に着任し、生活のセットアップなどで時間を費やしていましたが
3月にHFSP共同研究を行うミネソタ大学にて3週間の生物実験のトレーニングを行ってきました。
ミネソタ大学では、Vincent Noireaux准教授のもとで無細胞系の遺伝子発現の実験や、
DNAの扱い方、基本的な分子生物学実験について習得してきました。

また、この滞在のなかでNoireaux研にマイクロ流体デバイスの基本セットアップを
構築し、共同研究としてお互いに得意とするものを交換することができた滞在になりました。



生物実験中のZiane。




マイクロ流体デバイスの実験がうまくいったようです!




VincentとZiane。


Vincent Noireaux准教授は、前多と同じく米国ロックフェラー大学で博士研究員を行い、
人工細胞の構築で大きな注目を集めた研究者です。前多と共著論文が2つありますが、
今回のHFSPグラントの共同研究を通じて、工学的手法も取り入れた新たな研究領域を開拓
することを目指します。



この研究で、Zianeは着実に成果をあげつつあります。
8月に行われるCold Spring Harbor Laboratoryで行われるミーティングに参加し、
発表と実習を行います。物理学をバックグラウンドとしながらも、合成生物学で
新たなスキルを手に入れるZianeの研究成果が一日もはやく世に出るべく、前多研の
研究スピードを加速せねばなりません。

更新日:2016年06月30日