M2の福山君が日本学術振興会特別研究員DC1に内定!

M2の福山君が来年度採用予定の日本学術振興会特別研究員DC1に内定しました!
面接免除!すばらしい!

日本学術振興会特別研究員DCは博士課程の学生が安定して研究に集中できるよう、毎月X0万円の奨励金を受け、さらに年間100万円程度の研究費をうけることができるフェローシップです。
DC1は博士課程の3年間のサポートを得るものです。来年度から3年間、学術振興会研究員として研究を大きく進めることを期待します。

申請書を書くのは大変そうでしたが、その後に理論解析が大きく進展しました。
博士課程での研究がどんなふうに進むか、非常に楽しみです。
まずは2本目の投稿論文&修論をまとめるところから、、、。



研究室でもささやかなお祝いをしました。


(左のピースサインの主がMr.DC1。)


福山君、おめでとうございます!!

更新日:2016年10月17日