日本物理学会秋季大会で学会発表!!

9月は学会発表のシーズンです。

9月11, 12日には、前多准教授が北海道函館で行われたアクティブマターの研究会に参加し、別府君が最近発表した研究内容について講演を行ってきました。上の写真は、新函館北斗駅についたところ。のどかな田舎でした。しかし、飛行機の遅延やらいろいろなトラブルがあり、なかなか慌ただしい会議でした。


9月23, 24日には、前多准教授と福山君が、岩手大学で開催された日本物理学会秋季大会で口頭発表を行ってきました。

・別府航早, Ziane Izri, 市川正敏, 前多裕介「境界形状が導くバクテリア渦形成の集団的秩序」
・福山達也, 前多裕介「動く温度勾配が誘起する流れと分子集束」

アクティブマターのセッションでは前多が座長(前半)を務めましたが、どの講演もレベルが高く、この分野の注目度がさらに高まっていることを感じました。

更新日:2017年9月25日