2018年度 日本物理学会年次大会で学会発表!

前多准教授がフランス高等師範学校(ENS)の化学科においてセミナーを行いました!!

ホストしてくださったのはLibchaberファミリーのZoher Gueroui教授で、久しぶりのENSでの再開でした。

セミナータイトルは
「Controlling molecular and cellular fluxes by light: The interplay between scanning light wave and hydrodynamics」
でした。多くの貴重なコメントをいただき、さらにENS化学科内の著名研究者の人たちと密な議論を楽しみました。



こういうきれいで広い場所で、しかも多くの聴衆の前でしゃべるのは感激。


謎な場所にコーヒーメーカーが。しかも、中身が残っている、、、。さすがルイパスツールの国。


夜はZoherさんおすすめのお店で夕食を。




そして、別日にはキュリー研究所に行って、かつての共同研究者のAxel Buguin教授と7年ぶりの再会を果たしました!!


Axelさんは今、所長代理で大変お忙しいようで、その中でも研究と教育に情熱をもってサイエンスを進めているのを見ると、自分もまだまだ努力が足りない、、、と気を引き締めねばという思いです。

なぜか、キュリー研究所の一角に、前多と前多妻のハワイでの結婚式での写真が飾られているのも見せてくれました。いや、それはほんとに、なぜ!!

今回のフランス滞在はかなり忙しくて、あまり有名どころを見て回ることができなかったのですが、キュリー研究所内を案内してもらっているときに、キュリー夫人の実験室も案内してもらいました。ガイドブックにものっているのですが、わかりにくくて見過ごしやすいかも。


フランスには、オルセーにかつての同僚や共同研究者がいたり、リヨンにも学生時代の共同研究者がいたり。そんな交友関係なのですが、実は、フランスに行くのは今回が初めてでした。また、僕の研究を知ってくださっている方もおられるので、次の滞在はもう少し長めに滞在できたらと思います。

更新日:2019年3月15日