理研九大マルチファンド共同研究に採択!

理化学研究所BDRの田上ユニットリーダーと提案していた共同研究プロジェクトが理研九大マルチファンド型の共同研究プログラムに採択されました!

田上先生は翻訳系の生化学と構造生物学で活躍される生命科学者で、若くして理研でユニットを率いて活躍されています。2010年ごろに一度お会いしましたが、その後1年半前にアストロバイオロジーのスプリングスクールでご一緒し、非常に挑戦的な仕事をされて、しかも大きな成果も残されており、いつか一緒に研究ができればと考えていました。それが思いのほか早く実現したことに、非常にうれしく、楽しみであります。

我々のプロジェクトは「RNAペプチド生命の誕生とケミカルソフトマターの学理創出」というもので、生命の起源をRNAペプチドの種々の物理的性質から探求するものです。
田上先生はRNAとペプチドの生化学を、前多らは非平衡環境でのふるまいとその物理的性質を明らかにします。

更新日:2019年10月10日