加藤君の論文がBiomacromoleculesに受理されました!

M2の加藤君の論文がBiomacromolecules誌に受理されました!!

Kato S, Garenne D, Noireaux V, and Maeda YT
Phase separation and protein partitioning in compartmentalized cell-free expression reactions
Biomacromolecules, in press

当初投稿したところでは3名のレフェリーが肯定的な評価を示しているにもかかわらず、改訂のための実験が多くて何度もrevisionをしそうだから?という理由でリジェクトとなってしまっていました。要求された追加実験を全部やれば再投稿してもよいよというEditorのコメントがあったにも関わらず、再投稿してもアピール扱いになるということで、見切りをつけてBiomacromoleculesに投稿しました。どちらかというと、こちらのほうが難しいのではないかと思ったのですが、新たなレフェリー3名はかなり高評価でした。現象としての新しさを認めてもらえたようです。改訂では、我々の側の定量評価に不備があったりして、数値が微妙に変化してしまったのですが、最終的には納得できるものになったと思います。

加藤君、おめでとうございます!!

更新日:2021年06月30日