別府君の論文がProc Natl Acad Sci USAに受理されました!

D3の別府君の論文がProc Natl Acad Sci USA誌に受理されました!!

Beppu K, Izri Z, Sato T, Yamanishi Y, Sumino Y, and Maeda YT
Edge current and pairing order transition in chiral bacterial vortices
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, in press (2021)

この論文は2020年2月にプレプリントとして公開していますので、アクセプトまでに1年以上かかりました。いろいろ紆余曲折はありましたが、最後は別府君が研究成果をより広く目に留まりそうな論文誌であったり、面白い研究が多く掲載されているPNAS誌に通したいという気持ちが論文にしっかりと乗り移ったような、、、そんな印象を受けるくらいに、様々な角度からバクテリア集団運動の新しい性質を実験・理論・数値計算のすべてを駆使してまとめあげました。

この研究の続編として分子モーターの系を用いた実験が、もうすぐ論文投稿間近です。バクテリア集団運動でもまだまだわかっていないことがあり、それも年度内にはなんとかまとめ上げたいところです。さらには、4年生やM1の院生も、新しい実験系で別府君のみつけた幾何学的ルールを研究しています。かなり多くの発展がみこめる研究が、ようやくアクセプトされて(PNASなのでcommunityにも認知される研究になることを願いつつ)、これからさらに研究を進めていかねばとおもいます。

別府君、おめでとうございます!!