坂本君の論文がPhys Rev Research誌に出版されました!

卒業生の坂本君の論文がPhysical Review Research誌から出版されました!!


Sakamoto R, Miyazaki M, and Maeda YT
State transitions of a confined actomyosin system controlled through contractility and polymerization rate
Physical Review Research 5, 013208 (2023)



この研究では2020年にNature Communicationsで報告したアクトミオシン波がどのようにして生じるのか、そして関連する他の研究でみられているアクチン流れとどのような違いがあり、2つの状態転移が起こるメカニズムを明らかにしました。その結果、ミオシンの収縮力とアクチンの重合速度が重要なファクターであり。流れから周期的な波への状態転移が起こることを示しました。

坂本君、おめでとうございます!